一般社団法人日本オルガニスト協会

協会について ー公告ー

一般社団法人 日本オルガニスト協会 運用規定

第1章 会員

次の各項のいずれかに該当するものは、本協会の会員になることができる。いずれの場合 も理事会の審査を経て承認される。但し、ここでオルガンとはパイプオルガンを指す。

1. 正会員の資格
(イ)国内および国外の高等教育機関でオルガン専攻課程を修了し卒業したもの。
(ロ)準会員として 2 年以上在籍し、単独オルガンリサイタルを実施したもの。
(ハ)単独オルガンリサイタルの経験を有するもの。

2. 準会員の資格
(イ)オルガンを有する教育機関、音楽ホール、宗教施設などで、2 年以上オルガニストの職に就いているもの。
(ロ)その他前項に準ずる経験を有するもの。

3. 学生会員の資格
高等教育機関でオルガンを専攻する学生。

4. 名誉会員の資格
わが国のオルガン音楽界に多年寄与し、総会により推挙されたもの。

5. 賛助会員の資格
本会の目的に賛同し、その事業を援助するもので、理事会により推薦された個人、法人、 団体等。

6. 特別会員の資格
1、2、の資格を有せずに入会を希望し、本会の目的、事業に賛同するもので、理事会によ ってわが国のオルガン音楽界に十分寄与し得ると認められたもの。

7. 永年会員の資格
70 歳以上の会員で、正会員として 30 年以上在籍し、本人が希望を届け出たもの。

8. 会員の権限
(イ)正会員は、定款および規定類に定める本会の会員としてのすべての権限を保有する。
(ロ)名誉会員は本会会員中最高の名誉にふさわしいものとして、その地位は終身保証される。

9. 会員の義務
(イ)会員は入会時に、会員別に定められた年会費を納入しなければならない。入会金制度は設けていない。
(ロ)入会の翌年度からは、毎事業年度のはじめに会費を納入しなければならない。
(ハ)名誉会員は会費納入の義務を免ぜられる。

第2章 役員

1. 本会に次の役員を置く。
(イ)理事 13 名
(ロ)監事 2 名
(ハ)必要に応じて特任理事あるいは顧問を置くことができる。

2. 理事の支部別定数
(イ)東日本支部 9 名
(ロ)関西支部 2 名
(ハ)西日本支部 2 名

3. 定款に則り理事のなかに次の責任役員を置く(カッコ内は一般法人法の役職名)。
(イ)会長(代表理事)1 名
(ロ)副会長(業務執行理事)1 名
(ハ)支部長(業務執行理事)3 名(各支部 1 名)

第3章 理事会

1. 会長は会を代表し、理事会の議長を務める。

2. 副会長は常任理事として、議題の選択・設定等、理事会の運営を取り仕切る。

3. 支部長は、各支部を代表し、法人本部との連携をはかる。

4. 理事は次の業務を分担する。
(イ)書記
(ロ)事業の企画と実行
(ハ)会報の編集
(ニ)機関誌の編集
(ホ)ホームページの管理

5. 事務局は経理および決算を担当し、税務処理を行う。

6. 監事は協会の運営および会計処理を常時監査する。

第4章 総会

1. 定例総会は 4 月下旬から 5 月上旬の期間に開催する。

2. 会長は議長を務める。

3. 副会長は常任理事として、議題の選択・設定等、総会の運営を取り仕切る。

4. 会長は総会終了後すみやかに、承認された事業と会計の報告をホームページに公告する。

第5章 経費

1. 本会の経費は会費、寄付金、補助金等によって支弁する。

2. 会費の年額は次のように定め、年度のはじめに納入するものとする。
(イ)正会員 7,000 円
(ロ)準会員 4,000 円
(ハ)学生会員 3,000 円
(ニ)永年会員 2,000 円
(ホ)特別会員 一口 10,000 円
(ヘ)賛助会員 一口 20,000 円

第6章 支部

1. 支部の委員、幹事などは各支部で決める。

2. 支部費の総額は各年度の年会費収入予算額の 25%とする。支部費総額の3分の2は3支部に均等配分し、残りの3分の1を当該年の総会における各支部の会員数(正、準、学生)に比例して配分する。

第7章 事務局

1. 事務局の業務は別に定める経常事業暦および管理費規定に従って行う。

2. 事務局長は、会の運営の必要に応じて事務局会議を招集することができる。当会議は、事務 局員のほかに会長・副会長・監事を常任メンバーとする。また議案の必要性に応じて、理事の参加を求めることができる。

2017年3月5日 第4回理事会において承認
2017 年 5 月 28 日第 1 回理事会において一部改訂